【第154回】囲碁の劫(コウ) はコメントを受け付けていません
【空気清浄機】おすすめ!ダイキン空気清浄機(MC55-Y)の吸引力#shorts
【加湿空気清浄機】他社と比較し、ダイキン製を選んだ理由は?気になる効果は?徹底的にレビュー【MCK70】
【家電王】シックなデザインがカッコいいタワー型加湿空気清浄機!謎の水車はなに?
紙幣はどうなるのか!?あるべき金融の姿は何だろう
DAIKINの加湿空気清浄機 MCK70X-Wを購入

投稿者:八木 伊三郎(昭和49年 工学部工業化学科卒) 劫(コウ)は仏教などインド哲学の用語で、極めて長い宇宙論的な時間の単位である。例えば、ヒンズー教では、SI単位系で1.36×10 17秒=神々の1200万年= 43億2000万年を表し、西洋では、イーオン (aeon:永遠) と訳されることがある。日本では、“未来永劫”の“劫”である。落語の「寿限無」に「寿限無、寿限無、 五劫の擦り切れ ・・・」と出てくる。「 五劫の擦り切れ囲碁のルールは、簡単である。㋐相手の石の四方を囲めば取れる、㋑囲った地の多い方が勝ち、㋒打てない場所がある(自分の石が取られる場所には打てない。ただし、相手の石が取れるときは打てる。)、㋓コウ(コウ:彼我の石の1子ずつの取り合い)は相手が取った後すぐに取り返せない、である。
ダイキン 加湿空気清浄機 カームベージュ MCK55YBK-C
①図、黒1とホウリコムのが上述した“ただし、相手の石が取れるときは打てる”ウッテガエシの場所。 図④、問題図、ウッテガエシの技と、コウに持ち込む技との複合手段で、手をつくる技を紹介する。

アーカイブ